インスタ映えな自撮りがしたい…光を制する者、自撮りを制する!

ライフスタイル 2018.04.19

インスタ映えな自撮りがしたい…光を制する者、自撮りを制する!

小悪魔agehaモデルたちのインスタグラムはいつでもキラキラかわいい自撮りがたくさん♡

https://www.instagram.com/p/Bf0XwrXFPzj/?taken-by=kittyxcx6

こーんなスベスベ肌の自撮り、どうやって撮ればいいの?という方のために、今回は盛れる自撮りに必要な「光」テクをお教えいたします!

光の量で自撮りのクオリティが変わる!?

写真を撮影する時は、自撮りだけでなく全ての時に「光加減」がとっても大事!写真が暗いとなんだか全体がぼんやりして、人を撮る時には特に「盛れない」感じになってしまいます。

自撮りの写真を撮る時は、なるべく明るいところで撮影しましょう。できれば室内より自然な太陽光の下で撮るのが一番明るい写真が撮れますが、なかなか室外で写真を撮るのが難しいので、今回は明るくてかわいい自撮りのために使えるアイテムをいくつかご紹介します!

晴れた日は窓辺のレースカーテンが盛れスポット!

https://www.instagram.com/p/Bf3XrWThrwO/?taken-by=ai_orimo

晴れた日は、部屋の窓のレースカーテンが絶好の光加減!そのまま差し込むと明るすぎてしまう太陽の光を、適度に遮断しつつ写真全体を明るい印象にしてくれます。

自撮りライトはやっぱり強い!

一時期みんなが持ち歩いていた自撮りライト。最近見る機会が減りましたがやっぱり自撮りライトの効力はすごい!

こちらはスマホに挟んで使うタイプの手軽な自撮りライト。顔アップの自撮りならしっかりと肌にツヤ感を出してくれます。

少し高めの物を選ぶとより強い光加減の物もあります。コスメを撮る時なども自撮りライトがあると明るくておしゃれな写真が撮れるので、ひとつ持っていても損はなさそう。

光加減はあとから加工で調節!

光を捉えた写真は加工アプリで加工することでよりフォトジェニックな写真にすることができます。

 

肌ツヤや血色がよく見える加工でよりインスタ映えな写真になります。光と加工を上手く使いこなして、あなたもおしゃれインスタグラマーデビューしましょう!