シワとたるみが気になったら…早めが肝心な「アンチエイジング整形」の施術方法4選

整形 2018.07.29

シワとたるみが気になったら…早めが肝心な「アンチエイジング整形」の施術方法4選

20代も後半くらいになってくると、様々な肌トラブルや、今まで気にならなかった場所の衰え・加齢を急に感じることがありませんか?

おでこに刻まれたシワ、頬のたるみなど…。化粧水やメイク落としなど、顔に使うスキンケア商品をいいものに変えてみたり、ダイエットしてみたりするけど、5年前はすぐに出た結果も、20代後半からは中々変わらないのは老化の始まり。

まだまだ人生これからな20代のうちから、顔の老化を感じちゃうなんて絶対嫌!それなら、スキンケア化粧品にお金をかけるよりも、アンチエイジング整形で根本からトラブルを解決する方法を考えてみるのもひとつの手。

シワやたるみが気になる…ダイエットしても引き締まらない…

いつの間にかいつもと違う明るい場所でメイクしてみたら、自分の顔のほうれい線が濃くなっていて、上にかぶさりそうな頬のたるみに気づいた…なんてことも。しわやたるみは老化においてどうしようもないことなので、スキンケアだけで予防するのは確実に無理です。

もちろんアンチエイジングも対処療法にすぎないのですが、それでも医療的な措置を取ることで加齢を感じるのをぐんと遅くしてくれることがあります。

たるみやしわが特に目立つのは主に目元、おでこ、頬など。これらのアンチエイジング整形には、どんな方法があるのでしょうか。

切らない医療機器によるリフトアップのアンチエイジング

まず、最も顔に負担がかからない、ダウンタイムの必要がない方法として、メスを入れないアンチエイジング医療機器による抗老化治療する方法があります。

  • コラーゲン治療
  • 超音波治療
  • 光レーザー治療

コラーゲン生成治療を受ければ、顔にハリが戻ってくるでしょう。また、超音波治療は衰えた顔の筋肉に直接アプローチし、筋肉が引きあがることによってリフトアップ効果が望めます。光レーザー治療では、肌のキメや毛穴の引き締め効果などを得ることができます。

これらの切らない医療機器のメリットとしては、ダウンタイムがなく、エステ感覚で気軽にアンチエイジングできます。

その代わり、切るアンチエイジング治療で見るような治療の成果の目覚ましさや即効性といったものを望むものではありません。また、基本的に通い続けることで効果を得ることができるタイプのアンチエイジングなので、何度も何年もクリニックで治療を受け続ける必要があります。

注射や点滴によるアンチエイジング

比較的ダウンタイムが少ない治療の一つとして、注射や点滴によるアンチエイジングもあります。

ヒアルロン酸やボトックスの注射も、たるみやシワに対して大きな治療効果を発揮します。ダウンタイムも短く、腫れの出る注射も基本的には顔のむくみ、という程度の腫れなので、1日~3日くらいマスクをつけて生活すれば人にバレることなくアンチエイジング治療することができます。

しかし、こちらも効果の持続が3か月、半年などと決まっており、定期的に注射を打ち続けることで持続的に効果を得ることができる治療になります。

糸によるリフトアップのアンチエイジング

芸能人やモデルなどもやっているメジャーなリフトアップ治療として、医療用の糸によるリフトアップもあります。

普通の医療的な手術に使われる糸を使っているので、ある程度安全が保障されています。

糸が入ったときの腫れは1週間くらいで引くことが多く、ダウンタイムも比較的短いアンチエイジングです。

仕上がりは施術を行う医師の技量、デザイン力に左右されるので、医師との綿密な面談や、症例数の多い医師を見つけることによって、「仕上がりが満足いかない」という状況を回避できそうです。

メス入れによるリフトアップのアンチエイジング

メス入れによるリフトアップは、糸よりもより細かく部位に合わせたリフトアップが可能なので、最もリフトアップ効果を感じやすいかもしれません。

生え際からメスを入れ、たるんだところを引っ張り上げて固定しながら、余分な場所は切除することもできます。

皮膚の組織にダイレクトにアプローチする方法では、人によって大きなアンチエイジング効果を得ることができるようです。1~2週間ほど腫れや内出血などの強いダウンタイム症状があり、手軽な施術とはいきませんが、受けてしまえば半永久的にアンチエイジング効果を実感し続けることができるというメリットがあります。

自分でも、相手からもよく見える顔は、しっかりと若々しいままでいたい!

お腹周りや二の腕のたるみは隠せても、顔だけは隠しようがありません。毎日ドレッサーの前に立つ度に、「シワ増えたなあ」「たるんできたなあ」とため息をついている方は、アンチエイジング整形を一度考えてみては?

おでこや頬などの目立つ部分は、若いうちから意識し始めることで肌の加齢化を軽減することができると言われています。

もちろん整形だけでなく、表情筋のトレーニングや肌にいい食べ物を多く摂取することなど、日常的にアンチエイジングに関心を持って早めに取り組んでおくことも大事!

表情が若々しい女性は魅力的です。「あと5年後でいいか」なんて言っている間に、ちょっとやそっとじゃ治らないシワが刻まれちゃうかもしれませんよ。

 

\実績のあるクリニックで安心できるエイジングケアを/