いじめられっ子が雑誌モデルに…変化の重要性を振り返り語るー関口さくらー

小悪魔agehaモデルレポ

小悪魔agehaモデル 2018.08.01

いじめられっ子が雑誌モデルに…変化の重要性を振り返り語るー関口さくらー

「普段は、居酒屋でバイトしてます…」

彼女はそれが何か?って顔でこっちを見てきたけど、『こんなに可愛いのに、この歳までモデルにならずにアルバイト・・・?』よっぽどなにか事情があったのか?そう思わざる得ないくらい、渋谷で見つけた彼女はとってもチャーミング。

第一印象からは全く想像できなかった、等身大の女子高生「関口さくら」の”これまで”に迫ります。

理由はハーフだから。常にいじめられる人生

小学2年生のときに顔がハーフだからって理由でさくらへのイジメが始まりました。さくらはそれまで自分がハーフってことを意識して生きてこなかったから、その時初めて鏡をよく見て『あ、私ってハーフだったんだ』って気づいたんです。それくらいそれまで顔のことについて考えたことなんてなかった…。こんな鈍感で隙きだらけのハーフなんて、面白がっていじめられちゃいますよね。

ファッションの楽しみ方を教えてくれた親戚のおばさん

いじめられて沈んでいる私に、親戚のおばさんが”ファッションを楽しむ”ってことを教えてくれました。小学生だったけど、口紅塗ったり、アイライン引いたり、時には髪の毛を染めたり(笑)

母は「またそんなことして!」って怒ってましたけど(笑)とても楽しかった思い出です。

まぁ、とはいえ小学生だから、学校の先生にも怒られるかと思いきや、「さくらさんのご家庭は外国の文化が入っていて、こういうのが当たり前の世界もあるからおかしなことじゃないんですよ」ってみんなに伝えてくれたんです!びっくりじゃないですか!?理解がありすぎる。この言葉にはホント助けられたし、とても嬉しかったことを覚えてます。

中高と終わらないいじめ

中学高校ととにかくいじめられました。

まだ入学してない高校の先輩に呼び出されて、「あんた、調子乗ってるらしいじゃん」みたいな感じで。正直、びびります(汗)

地元の浅草を歩けば「あれがさくらだよ、アイツ最悪な女でさ…」みたいにヒソヒソ言われて指さされるし、SNSで裏アカ作られてひどいことばかり書き込まれるし、めっちゃ落ちてました。今思うと、いじめにビクついてるさくらを見て楽しんでたんだと思います。

そして、さくら自身もそういう雰囲気に負けちゃってたからいけないんですよね。

周りの声は聞かずに美を極める

さくらが美を極めようと思ったのは本当にここ半年くらいの話!

きっかけは大好きだった人に裏切られたこと。見返したくてそれまで疎かにしていたダイエットやお化粧に力を入れ始めました。You Tubeでダイエット動画みて真似たり、インスタのダイエットアカフォローして一緒になってがんばったり。食べ盛りだから大変でした(笑)

自分に自信がついた、その先に…

やっぱり自分磨きが持つパワーってすごいというか…綺麗になっていく度に自分に自信がついていって、いじめる奴らの声なんか全然気にならなくなったんです。

その矢先、渋谷でお買い物してたら「小悪魔agehaのスナップ撮影です!」って声をかけられて、誌面に呼んでもらえるようになりました。

ハーフ顔=イジメられる…って思った時期もあったけど、今はお母さんから受け継いだ血を活かしてもっといい女になる予定です♡

モデルとしてやっていきたいこと

いじめが作る人格って恐ろしいもので、すぐに自分のことを否定しちゃうの。「私っていないほうがいいんだ」「可愛くなれないんだ」「うざいんだ…」

だから、努力すれば明るい未来もあるってことすら信じられなくなっちゃう。

さくらだってそうだったからわかるんだけど、それでも何かがきっかけで自分を変えようって行動することはとっても大事なこと。

「可愛くなる努力をすれば、だれだって変われる。それは容姿だけじゃなく、心にも良い変化があって、それは素敵なことなんだよ」ってことをモデル活動を通して伝えて行きたい!

まだまださくらも努力して心も体も素敵になるから、一緒にがんばろう!

MODELS

この記事に登場したモデル