セリーナの「恋も仕事も人生も成功したい!」女性へ送るお悩み相談室

小悪魔agehaモデルレポ

雑誌小悪魔ageha 2018.10.31

セリーナの「恋も仕事も人生も成功したい!」女性へ送るお悩み相談室

銀座の老舗クラブ「江川」で売上NO.1に輝き引退後、起業しビジネスの世界でも成功を納めた鈴木セリーナが、その成功ノウハウをもって女性が幸せになるための人間関係や人生に関する悩みに答えます。

今回は小春、七海、きよみんにキャバ嬢としての仕事や人生の悩みについて聞いてみました。

営業中という限られた時間の中で、お客様との相性はすごく大事! でも、どうすれば自分のことを気に入ってくれるのか、それを見分けることって可能なのかな?

相談者 小春(28) 池袋フェニックス勤務

こ:「この人、きっとこの先も良いお客さんになりそうだな」ってポイントの見分け方ってありますか?

セ:お客様と同伴したり、来店のお約束をすると思うんだけど、”約束を必ず守ってくれる人”はその時限りではなく、その先も長く続くってのは私の経験上はあるのよね。逆にあまり連絡が取れなかったり、どこにいるのか直前までよく分からない人ってのは、続かないのよ。他人を惑わす人ってどこか信用出来ないというか。

こ:確かに話してても上手く噛み合わない人とかは、相性悪いのかなって思っちゃいます。

セ:なるほどね。実は私、良いお客様になるな~ってことはあんまり考えたことは無くて、その人と自分が何をしたいかだとか、この人を応援したいなと思ったお客様が出世していく姿を見るのが楽しくて、その結果、長く付き合うという事の方が多いですね。でも小春ちゃんは可愛いからお客様掴むのは困ってないんじゃない?(笑)

こ:いや、そんなことは……。未だに迷う時はあります(笑)

セ:最初の3分が大事よ!

こ:3分……ですか。でも分かる気がします。「あ、私この人にハマってないなー」とかってありますよね。

セ:あとはね、私のとっておきの技を教えてあげる。初めて会ったお客様には必ず握手をするの。

こ:さっき私にも最初のご挨拶の時にしてくださいましたよね!?

セ:そうそう(笑)。握手することで肌感が合うとか合わないとか、なんとなく感じない?

こ:私めちゃくちゃキュンと来ました(笑)

セ:そういうフィーリングもすごく大事だからぜひ試して見てね

仲の良い子たちはどんどんキャバ嬢を卒業し、次のステップへ進んでいく……。私、このままで良いのかな? なんて思っちゃうんだよね~。

相談者 七海(20) 歌舞伎町CELUX勤務

な:私まだ20歳なんですけど、既に周りの友達が同い年にも関わらず、自分で美容室を経営してたりとかしてて、自分もいつまでキャバ嬢として頑張って良いのかがよく分からなくなってしまって……。私としては楽しい仕事をすることが一番良いとは思っているので、このままキャバ嬢を続けるのもアリと思う反面、新しいことを始めたいと思う気持ちもあるんです。ただ、「何が」出来ると言われれば、何も無いんです。

セ:これだけは分かって欲しいんだけど、本当に周りに影響されないことよ。私の会社で芸能系で頑張っている従業員がいるんだけど、その子も七海ちゃんみたいにすごく頑張ってるのね。でも周りには自分よりもいっぱい仕事を貰ってたりする子も多く、よく『悔しい』って言ってたわ。これは私の経験則にはなるんだけど、早咲きする子って必ずどこかで歪みが来ると思ってるの。最初はどーんと伸びても、その後が良くなかったり、例えば会社なんかでも今は比較的簡単に設立出来たりするから、印紙代さえ払っちゃえば誰でもすぐに法人を持てちゃう。でも実際は立ち上がる会社の3分の2は設立後3年以内で消えちゃうんだって。

な:たった3年ですか……。

セ:それが現実なの。続けて行くことの難しさよね。これはキャバ嬢もホステスも同様に言えることなんだけど、瞬間的な売上を作ることは簡単だと思う。だけど、瞬間的に上がった売上なんて絶対に下がってくるんだから、如何にして持続出来るかを考えられるかが重要なのよね。始めるのは簡単。でも続けることはとてつもなく難しい。だから七海ちゃんもお友達のお話とかを見聞きして羨む気持ちも分かるんだけど、まずは”自分が何をしたいのか”というところからじっくり考えてみてはどうかな?

 

昔っからの人見知りで、どうしても人前で何かするのが苦手。でも、将来は自分で起業して経営者として頑張りたい! 万人ウケする方法ってあるのかな?

相談者 きよみん(21) 歌舞伎町azian club勤務

セ:お仕事をやってる中で大変って思うことはある?

き:私って万人ウケしないんですよ。もう一つ上のステップに上がるためには、何とかしなきゃって思うのですが、なかなか難しいですね。どうすれば良いんだろって最近悩むことが増えました。

セ:なんかね、ハマれば年配や年上の方にすごく可愛がって貰えそうなんだけどね~。きよみちゃん、人見知りでしょ?

き:そうなんです! 極度の人見知りなんです(笑)。万人ウケする為のアドバイスってありますか?

セ:ぱっと見はすごく人懐っこく見えるんだけどね~(笑)。将来のことはどう考えてるの?

き:ざっくりなんですけど。20代前半にはキャバ嬢は辞めたいなとは思っています。その後のことは、例えば飲み屋さんだったり、美容関係のお仕事もやってみたいなと。要するに、自分で色々と事業をやってみたいという気持ちはあります。

セ:きよみちゃん、すごく素敵! ”何かやりたい”っていう意思表示はすごく大事だよ。そう考えれば、確かにきよみちゃんが言うように、万人ウケするってことは重要かもね。社長業ってのは、何をするにしても人気商売なの。取引先や社員に好かれてナンボってところがあるから、人から好かれる努力は大事。でも、それはすごく難しいことなんだけどね。

き:私って口下手で上手く自分の感情を表現することが苦手でして。なんか空回りしちゃうというか。だから営業中もお酒の力に頼っちゃうフシがあるんです。

セ:大変だよね。でもそういう気持ちはすごく分かるよ。私はきよみちゃんの笑顔はすごく素敵だと思うの。今はねまだ恥ずかしい面もあるかもしれないし、お酒の力も欲しいところだろうけど、ちょっとずつコミュニケーションの幅を広げてみようよ。まだ若いし可能性はあるんだからね!

 

著:鈴木セリーナ/おじさん取扱説明書 

元銀座No.1ホステス鈴木セリーナによる、おじさんと上手な人間関係を作る指南書「おじさん取扱説明書」は書店またはamazonで好評発売中! ¥1,404(鉄人社)

鈴木セリーナ先生 PROFILE

大分県出身。幼少期はお嬢様として育ち、16歳の頃、親への反発心からドロップアウト。年齢を隠して地元のクラブのホステスになる。20歳の頃「銀座のクラブのママになりたい」と夢見て上京。当時、テレビなどで有名だった銀座の高級クラブ「F」で働く。その後、銀座の老舗クラブ「江川」に引き抜かれ、売上NO.1に。銀座のホステスを辞めてからは、主に文房具を扱う企画会社とタレントのマネジメント会社を起業。ビジネスの世界でも成功を納める。